2015年06月15日

だいおきしん

が、じつは大して毒じゃなかったっぽい、って話がありますよね。
実験に使われたモルモットという生き物が、たまたま特別にダイオキシンに弱くて、ほかの動物には大したことなかった、って話。
犬がタマネギに弱い、みたいなもんですかね。
なので、
「学校の焼却炉を撤去したのも間違いだったっぽいんだけど、もう法律で決めちゃったししょうがないよねテヘ」
ってなことになってるようなのですけど、それはさておき、
てことは逆に、人間だけが特別に弱い物質ってのも、ないもんなのかなぁと。
「この物質、30年ぐらい摂り続けると、人間にだけ猛毒なのがわかっちゃったけど、もう認可しちゃったからしょうがないよねテヘ」
なんてなこともあるんでないのん、
などと、ふと思いました。
posted by さだかね at 17:24| Comment(0) | ひみつ日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: