2015年03月28日

無題

先ほど電車に乗ってたときの話なのですけど。
向かいに七十歳ぐらいの老夫婦、その隣に三十歳ぐらいのお姉さんが座ってて、老夫婦が何かあれこれ会話してたのですね。ぼくは文庫本を読んでいて、話の内容はまったく聞いてなかったのですけども。
んで、その間に旦那さんが何かツッコまれるようなことを言ったんでしょうね。
ふいに奥さんが、
「ちょと待ってちょと待っておじいさん」
とラッスンゴレライの態で唐突にツッコミをいれ、
思わずぼくがぶふぅッと吹き出したのとまったく同時に、老夫婦の隣のお姉さんもぶふぅッと吹き出し、
その後、ぼくと老夫婦、老夫婦とお姉さん、お姉さんとぼく、という三方向で静かに会釈が交わされる、
という謎の空間が現出しました。
posted by さだかね at 19:12| Comment(0) | ひみつ日記

2015年01月24日

女性

の一人称代名詞において、「わたし」派と「あたし」派の間で、男性にはわからない水面下での確執があるとの噂を耳にしたのですが、どこまで事実なんだろう。

posted by さだかね at 17:53| Comment(3) | ひみつ日記

2015年01月11日

近所

の家電量販店の販売員さんが、じつに男前だった。
というのも、ガスコンロを買いに行っていたところ、
「すみません、コンロの売り場はどちらですか?」
「あっちの方です」
「……何かおすすめとかあれば教えてもらいたいんですが」
「ウチで売ってるのは全部おすすめですよ」
「……機能の違いとか、説明してもらえる方は……?」
「値札のところに色々書いてあるので、それ見てください」
「…………はい」
「では」
男前!!

posted by さだかね at 13:18| Comment(3) | ひみつ日記